グラス底ボート運行状況お問い合わせ窓口

スタッフブログ

イラブチャー(ブダイ)とにらめっこ!

   

2022年6月30日の投稿記事

   
           

皆さんこんにちは。
先日より行っていた海中展望塔の窓ガラスの交換工事が無事終了しました。
新しい窓ガラスからはっきりと見える海の世界についつい見とれてしまいます。

さて、本日のお魚とにらめっこは、「イラブチャー」とにらめっこです。
青い色がとても鮮やかなイラブチャーです!


サンゴ養殖移植助成事業始動報告会に参加しました。

   

2022年6月23日の投稿記事

   
           

一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(以下OCVB)とザ・テラスホテルズ株式会社(以下ザ・テラスホテルズ)では、共同で「アラムコ沖縄サンゴ礁保全基金 サンゴ養殖移植助成事業」を始動することとなりました。
去る6月22日に万国津梁館にて、同事業始動に関する報告会が行われました。
 
アラムコ・アジア・ジャパン株式会社(以下AAJ)はコーポレート・シチズンシップ活動として沖縄県サンゴ礁保全推進協議会を通しさまざまな団体に対する支援を行っています。今回、OCVBとザ・テラスホテルズで取り組むブセナ海中公園におけるサンゴ礁再生活動、および久米島漁業協同組合の2団体が同基金助成対象として採択されました。
 
今回採択された、OCVBとザ・テラスホテルズが共同で始動するプロジェクトは、近年、地球温暖化などの影響を受けて衰退しつつあるサンゴ礁を回復させるため、日本を代表するリゾート地の1つであるブセナ海中公園において今後3年間をかけてサンゴ種苗の育成、植え付けを実施するものです。
サンゴ種苗は従来の無性生殖による方法と、新しく開発中の有性生殖による方法を用いて養殖生産する予定です。
本プロジェクトにより、陸上の熱帯雨林と同様に光合成による炭素循環の要であり、多くの海洋生物に棲家を提供するサンゴ群落を再生させることで、同海域の水産資源の回復につなげると同時に美しい海中景観の形成が期待されます。
 
6月22日に行われました同プロジェクト採択の報告会には主催者の沖縄県サンゴ礁保全推進協議:中野義勝会長ほか、AAJ代表取締役社長のオマール アル アムーディ氏、助成対象団体のOCVB(下地芳郎)、ザ・テラスホテルズ(新垣瞳取締役)、久米島漁業協同組合代表理事組合長:田端裕二氏 が出席し、2団体による実施事業の紹介のほか、AAJから2団体への記念品贈呈などが行われました。

 

当日は取材メディアからの質疑応答も行われ、どのような視点から2団体が採択されたのかなどの質問に対し、主催者である沖縄県サンゴ礁保全推進協議会の中野義勝会長から「複数の対象団体の中でもサンゴ礁保全に関する将来的な波及性、水産資源・観光資源としてのサンゴ礁の回復などに具体的な成果を望める点などから、今回の2団体を採択した」との回答がありました。
また、アムーディ社長には沖縄についての印象についての質問があり、「報告会の前にブセナ海中公園の海をグラスボートで見学することができたが、この息をのむほどに美しい海を守り、観光地としての魅力を引き上げるためにも支援の必要性を感じた。この基金が沖縄の自然を守る一助になれば幸いである」と答えられていました。

 

報告会同日に関係者にてグラスボートに乗船し、ブセナ海中公園のサンゴや熱帯魚をグラスボートから観察するとともに、発達しているサンゴ礁と昨年植付したサンゴ苗の観察を行いました。

  
 

OCVBおよびザ・テラスホテルズの今後の活動としては、サンゴ養殖事業をさらに発展させ、無性生殖だけでなくサンゴの卵の採取から有性生殖を行い、ブセナ海中公園を中心にサンゴ礁群落の再生を目指します。また、近い日程では地元や観光で来県(来館)の小中学生を対象としたセミナー「サンゴと渚から海の自然を学ぶ」(*参照)などのSDGs活動の実施を予定しています。

  

【アラムコ沖縄サンゴ礁保全基金 サンゴ養殖移植助成事業始動報告会】
主 催:沖縄県サンゴ礁保全推進協議会
後 援:アラムコ・アジア・ジャパン株式会社
日 時:2022年6月22日(水)13:00~15:00
場 所:万国津梁館(名護市喜瀬1792)
参加者:アラムコ・アジア・ジャパン代表取締役社長:オマール アル アムーディ氏
沖縄県サンゴ礁保全推進協議会会長:中野 義勝氏
沖縄県サンゴ礁保全推進協議会理事:鹿熊 信一郎氏
一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー会長:下地 芳郎
     ザ・テラスホテルズ株式会社取締役:新垣瞳氏
     久米島漁業協同組合代表理事組合長・田端裕二氏    
進行役:沖縄県サンゴ礁保全推進協議会事務局:大城 一幸氏
ほか関係者
問い合わせ先:沖縄県サンゴ礁保全推進協議会事務局(沖縄県環境部自然保護課)
 TEL:098-866-2243 coralreef@okikanka.or.jp
 
<アラムコ沖縄サンゴ礁保全基金によるサンゴ再生・回復に向けた取り組みについて>            
サウジアラビア王国の国営エネルギー・化学企業アラムコは、災害援助、環境保護や教育などを推進するための支援を全世界的に行っており、2010年12月、アラムコと日本政府の合意による沖縄県うるま市の沖縄石油基地タンクの借り受けから開始された石油貯蔵プロジェクトにより沖縄との関係が深まったことを契機に、アラムコの日本法人であるアラムコ・アジア・ジャパン株式会社(以下AAJ)による沖縄県サンゴ礁保全推進協議会のサンゴ礁保全活動に対する支援が始まりました。本支援は継続して行われ、今年で11年目となります。
 
今回、AAJと協議会からサンゴの養殖移植を通してその再生回復に資することを目的に、下記のサンゴの再生・回復活動を行う2つの団体が助成事業対象となりました。
本事業では、サンゴの養殖・移植だけでなく、サンゴ礁保全に係る普及啓発などを実施するとともに、長期的なサンゴ礁保全再生活動に発展させていくことを目指します。
 
助成事業名:サンゴ養殖移植事業
助成期間:2022年4月1日~2025年3月31日(3年間)
助成団体:1、一般財団法人沖縄観光コンベンションビューローおよびザ・テラスホテルズ株式会社
     2、久米島漁業協同組合
 
 
<アラムコ・アジア・アジャパン株式会社について>            
アラムコ・アジア・ジャパン株式会社は、世界最大の総合エネルギー・化学企業アラムコの日本現地法人。日本及び周辺地域でのアラムコの事業のうち、マーケティング、資材調達、ロジスティクス、品質保証、IT、新規事業開発などへのサポートサービスを提供しており、現在、アジア地域でのサービス、資材関連の重要な拠点となっています。
http://japan.aramco.com/
 
<アラムコについて>            
アラムコは、世界の経済活動の原動力となる、エネルギーと化学製品を生産するリーディングカンパニーです。
エネルギーの安定供給を図ることで世界中の人々の日常生活を豊かにしています。そして、変わりゆく環境や社会課題に対する高い強靭性と機敏性を活かし、世界最大の総合エネルギー・化学企業としての地位を確立しました。また同社は、低炭素社会の実現に向けたグローバルな取り組みの一翼を担っています。
https://www.aramco.com/en 
 
*ザ・ブセナテラスサマーイベント/「サンゴと渚から海の自然を学ぶ」
内 容:サンゴ礁を中心とした海中景観が特に素晴らしいブセナ岬にて、JAMSTEC(GODAC 国際海洋環境情報センター)より講師を招いて開催。座学だけでなく、グラスボートからのサンゴの観察やビーチで採取した砂の観察を通じて、実際に「見て・触れて・自ら気づく」サマースクール。
 
主 催:ザ・ブセナテラス(問い合わせ先:0980-51-1333)、OCVB
開催日:2022年7月30日(土)、8月8日(月)、8月15日(月) 9:30~11:30
場 所:万国津梁舘(沖縄県名護市喜瀬1792)
対 象:小学4年生~中学生(10歳以上)
定 員:15名様(要予約)
参加費:1名様\2,500(消費税込み)
協 力:JAMSTEC(GODAC 国際海洋環境情報センター)およびアラムコ・アジア・ジャパン株式会社
http://www.terrace.co.jp/busena/news/post_42494.php


梅雨が明けした!夏が来る~

   

2022年6月21日の投稿記事

   
           

皆さんこんにちは。
昨日沖縄地方梅雨明けが発表されました。

ニュースや新聞で見る限り、今年は多く雨が降ったようですね。

昨日の天気は沖縄らしい夏空で、この天気が続くと思うとワクワクします。

海中展望塔では窓ガラスの交換工事をしており、交換した窓から覗いてみると、
はっきりと水中の様子を見ることができます。

交換工事は通常営業をしながら、今月末までを予定しています。

新しくなった窓から水中を覗いてみませんか?

皆さんのご利用お待ちしております。

   


あれ、あら、これはエイ?

   

2022年6月18日の投稿記事

   
           

皆さんこんにちは。

雨の日が続いておりますが、本日は天候が少し回復してますね。

梅雨明けが待ち遠しいところです。

さて先日ですが、海中展望塔の橋の上からエイを見ることができました。
水中にいたため、はっきりとした姿は見れませんが、ひれを広げた姿は迫力がありますね。

橋の上からの海の様子も要チェックです。


ブセナ海中公園での夏のイベントのご案内!!

   

2022年6月8日の投稿記事

   
           

皆さんこんにちは。
本日はブセナ海中公園から皆さまにお知らせが2つあります!
 
GWが終わり、1か月が経ちますが、
そろそろ夏休みの予定を立てる始める方もいらっしゃるのではないのでしょうか?
ブセナ海中公園では、ザ・ブセナテラスさんと共催で
サマースクール「サンゴと渚から海の自然を学ぶ」と「タマンの稚魚放流イベント」の
2つのイベントを開催いたします。
 
どちらのイベントもブセナ海中公園の自然の豊かさを学び、感じることができる内容となっておりますので、是非ご参加いただけますと幸いです。
 
【 サマースクール「サンゴと渚から海の自然を学ぶ」】

  JAMSTEC(GODAC 国際海洋環境情報センター)から講師を招き、座学だけでなく、グラスボートからのサンゴの観察やビーチで採取した砂の観察を通じて、実際に”見て”、”触れて”、”自ら気づく”体験を楽しむことができます。
 お子さまの夏休みの自由研究のテーマにもぴったりな心に残るサマースクールです。
 
期間:2022年7月30日(土)、8月8日(月)、 8月15日(月)
時間:9:30~11:30
対象:小学4年生~中学生(10歳以上)
定員:15名様(要予約)
料金: 1名様 2,500円
場所:万国津梁館「サンセットラウンジ」
共催:ザ・テラスホテルズ株式会社
協力:JAMSTEC(GODAC 国際海洋環境情報センター)、アラムコ・アジア・ジャパン株式会社
※ビーチを歩きやすい履物、帽子など日差し対策をお勧めします。
◆お問い合わせ(営業時間 10:00~18:00)
ザ・ブセナテラス 0980-51-1333(代表)
 

【 第11回タマンの稚魚放流イベント 】

 ブセナ海中公園およびザ・ブセナテラスでは、毎年の海の日に合わせ、沖縄の美しいサンゴ礁の海と豊かな自然を守る活動として、「タマンの稚魚放流イベント」を開催しております。
タマン(和名 ハマフエフキ)はサンゴ礁の海に生息し、沖縄で広く親しまれている魚です。
 今年も海の日の前日にあたる7月17日に、ブセナテラス前のブセナビーチにてタマン(ハマフエフキ)の稚魚を放流するほか、海の生物の解説などを行います。
 
期間:2022年7月17日(日)
時間:14:00~15:00
場所:ブセナビーチ
料金:無料
共催:ザ・テラスホテルズ株式会社
※ビーチを歩きやすい履物、帽子など日差し対策をお勧めします。
◆お問い合わせ(営業時間 9:00~19:00)
ザ・ブセナテラス アクティビティカウンター(直通) 0980-51-1357


グラスボート乗客救助訓練を実施しました

   

2022年6月7日の投稿記事

   
           

先日6月3日(金)にブセナ海中公園グラスボートの救助訓練を実施しました。

安全管理には最大限の注意を払っていますが、万が一に備えての訓練です。
お客様に安全・安心なサービスを提供するのは当たり前ですが、
訓練を実施して初めてわかる課題などもあります。

当日は生憎の天候でしたが、沖縄タイムスさんが来て取材してくれました。


グラスボートからタマンに出会いました!

   

2022年6月5日の投稿記事

   
           

皆さんこんにちは。

先日グラスボートに乗船しました。

海中展望塔からタマンをよく見ますが、
グラスボートから見るタマンは見え方が異なり、迫力があります。

エサをあげると、間近にお魚たちを見ることができます。

グラスボート、海中展望塔にて魚のエサを販売しておりますので、
是非えさやりお試しください。

それでは皆さんのご利用お待ちしております。


梅雨の晴れ間ですね。

   

2022年5月29日の投稿記事

   
           

皆さんこんにちは。
本日梅雨の晴れ間となっており、
海中展望塔の橋から名護の街並みが見えました。

お魚たちは今日も元気に泳いでいます。
タマンとにらめっこしてみませんか。
それではブセナ海中公園で皆さんのご利用お待ちしております。


こんにちは。ウミガメさん!

   

2022年5月16日の投稿記事

   
           

皆さんこんにちは。
ここ数日雨の日が続いており、梅雨っぽい天気を感じております。

少し前のお話になりますが、ゴールデンウイークに入る前に

海中展望塔にかかる橋の上からウミガメを見ることができました。
ハワイではウミガメは「海の守り神」として親しまれているそうです。

海中展望塔内やグラスボート船内だけでなく、橋の上からも海の様子を要チェックです。


沖縄の梅雨入りが発表されました!

   

2022年5月7日の投稿記事

   
           

皆さんこんにちは。
GWいかがお過ごしでしょうか。

沖縄では例年のGWに比べ雨が多い日が続いており、
先日梅雨入りしたとの発表がありました。

本日は天気に恵まれておりますので、
GW期間中まだお出かけできていない方、
もう少しお出かけしたい方
ブセナ海中公園にいらしてください。

海中展望塔ではオヤビッチャとヤマトビーが皆さんをお待ちしています!


ブログ投稿記事バックナンバー

2022年6月30日 | イラブチャー(ブダイ)とにらめっこ!

皆さんこんにちは。 先日より行っていた海中展望塔の窓ガラスの交換工事が無事終了しました。 新しい窓ガラスからはっきりと見える海の世界についつい見とれてしまいます。 さて、本日のお魚とにらめっこは、「イラブチャー」とにらめ […]


2022年6月23日 | サンゴ養殖移植助成事業始動報告会に参加しました。

一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(以下OCVB)とザ・テラスホテルズ株式会社(以下ザ・テラスホテルズ)では、共同で「アラムコ沖縄サンゴ礁保全基金 サンゴ養殖移植助成事業」を始動することとなりました。 去る6月 […]


2022年6月21日 | 梅雨が明けした!夏が来る~

皆さんこんにちは。 昨日沖縄地方梅雨明けが発表されました。 ニュースや新聞で見る限り、今年は多く雨が降ったようですね。 昨日の天気は沖縄らしい夏空で、この天気が続くと思うとワクワクします。 海中展望塔では窓ガラスの交換工 […]


2022年6月18日 | あれ、あら、これはエイ?

皆さんこんにちは。 雨の日が続いておりますが、本日は天候が少し回復してますね。 梅雨明けが待ち遠しいところです。 さて先日ですが、海中展望塔の橋の上からエイを見ることができました。 水中にいたため、はっきりとした姿は見れ […]


2022年6月8日 | ブセナ海中公園での夏のイベントのご案内!!

皆さんこんにちは。 本日はブセナ海中公園から皆さまにお知らせが2つあります!   GWが終わり、1か月が経ちますが、 そろそろ夏休みの予定を立てる始める方もいらっしゃるのではないのでしょうか? ブセナ海中公園では、ザ・ブ […]


2022年6月7日 | グラスボート乗客救助訓練を実施しました

先日6月3日(金)にブセナ海中公園グラスボートの救助訓練を実施しました。 安全管理には最大限の注意を払っていますが、万が一に備えての訓練です。 お客様に安全・安心なサービスを提供するのは当たり前ですが、 訓練を実施して初 […]


2022年6月5日 | グラスボートからタマンに出会いました!

皆さんこんにちは。 先日グラスボートに乗船しました。 海中展望塔からタマンをよく見ますが、 グラスボートから見るタマンは見え方が異なり、迫力があります。 エサをあげると、間近にお魚たちを見ることができます。 グラスボート […]


2022年5月29日 | 梅雨の晴れ間ですね。

皆さんこんにちは。 本日梅雨の晴れ間となっており、 海中展望塔の橋から名護の街並みが見えました。 お魚たちは今日も元気に泳いでいます。 タマンとにらめっこしてみませんか。 それではブセナ海中公園で皆さんのご利用お待ちして […]


2022年5月16日 | こんにちは。ウミガメさん!

皆さんこんにちは。 ここ数日雨の日が続いており、梅雨っぽい天気を感じております。 少し前のお話になりますが、ゴールデンウイークに入る前に 海中展望塔にかかる橋の上からウミガメを見ることができました。 ハワイではウミガメは […]


2022年5月7日 | 沖縄の梅雨入りが発表されました!

皆さんこんにちは。 GWいかがお過ごしでしょうか。 沖縄では例年のGWに比べ雨が多い日が続いており、 先日梅雨入りしたとの発表がありました。 本日は天気に恵まれておりますので、 GW期間中まだお出かけできていない方、 も […]